2022年3月アーカイブ

フロスと歯間ブラシの違い 22.03.31

よくフロスと歯間ブラシについてご質問をいただきます。

フロスと歯間ブラシどちらも歯の隙間をキレイにするための道具です。

健康な歯茎は歯と歯の間が狭いので歯間ブラシが通らず、無理に通すと歯茎が傷ついてしまうのでフロスがオススメです!

フロスにも色々種類があるのですが、特におすすめなのはY型のフロスは使いやすく、初心者の方も簡単に使用できます!

歯周病などで歯茎が下がっている方は歯と歯の間に隙間があり、フロスだと汚れがとれにくいので歯間ブラシがオススメです!

歯間ブラシはサイズが様々あるので隙間にあったサイズを使うとより効率よく汚れを除去することが出来ます!

そして、ワイヤー矯正をしている方はワイヤーと歯の隙間の汚れが落としにくい場所にも使用できます\(^^)/

4月の診療日🌸 22.03.22

4月の金曜日、日曜日の月1回の診療日は8日㈮、24日㈰となっております。
また、29㈰㈮は祝日の為休診日となっております。
その他は通常通りの診療となっております。
また、火曜日・木曜日の午前(10:00~12:00)、診療日以外の金曜日の午後(14:00~19:00)は、
「急患対応日」となりますので、急患と資料取りのみのご予約とさせて頂いております。
引き続き、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、来院されましたら
手洗い・うがい・手指消毒・検温のご協力よろしくお願いいたします👏

歯の表面がザラザラする原因 22.03.15

歯磨きをした後に舌で歯の表面を触った時にザラザラしていることはありませんか?

歯のザラつきには様々な原因が考えられ、特に多いのは「歯垢・歯石によるもの」です!

磨き残しがあると歯垢ができ、虫歯などに繋がるのでしっかり磨きましょう!
しかし、歯石になってしまうと普段の歯磨きでは落とせないので、歯医者さんに行きクリーニングをする必要があります!

その他に歯磨きをする力が強すぎたり、歯磨き粉の成分にある研磨剤などにより「歯の表面が傷ついている」、「初期の虫歯」があります。

そして、永久歯よりも「乳歯」の方が表面がザラザラしているため歯垢がつきやすくなるので虫歯にもなりやすいです!

将来、健康な歯を多く残せるようしっかりと歯磨きをし、歯ブラシで磨きにくい場所は歯間ブラシやフロスを上手く使う事をおすすめします!

バタフライピーtea 22.03.10

こんにちは
歯科衛生士のヤギです!

以前知り合いが経営しているカフェに行き、その時にバタフライピーティを飲ませてもらいました!

バタフライピーとは、マメ科の植物でハーブのの1つだそうです!
青い花を咲かせ、美容効果もあり今注目されてるみたいです(^^)♪

お店ではレモンシロップが用意されており、バタフライピーティに入れることで色が紫に変化して綺麗でした!

15周年🌸 22.03.04

院長の宮本です。
おかげさまで、この3月3日に
ちょうど開院15周年を迎える事ができました。
思い返せば、はじめは細々始めたクリニックでしたが、来てくださった患者様やスタッフに支えられ、ここまでくる事ができました。
本当にありがとうございます。
16年目に入りましたが、これからも患者様のご希望をしっかり伺いながら、できる限り沿うように、スタッフと共に対応していきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

刺繍 22.03.01

こんにちは!

最近友人へのプレゼントで、刺繍に挑戦したのですが、なかなか楽しくてハマりそうです🥰

次は何を作ろうか考え中です☺️

CATEGORY

ARCHIVE